省エネ住宅エコポイントを知ろう|不動産でサービスを活かしちゃおう

目的が変わった

不動産売却の目的について

不動産を売却する理由として、以前は転勤や家族構成の変化などがありました。しかし、近年では不動産投資を目的として、売却するケースも増えてきています。場所によっては、購入時よりも高く売却することが出来る場合もあるようです。 また、不動産を購入・売却は、日本国内に住む人だけが行うとは限りません。最近では、外国籍を持つ人が投資を目的として不動産の購入・売却をしているというケースも少なくはありません。 最近では、インターネットの普及により、多くの情報を簡単に手にすることが出来るようになりました。不動産を売却するにしても、複数の業者に一括して見積りを依頼することが出来るようになり、以前よりも気軽に売買することが出来るようになっていると言えます。

今後も広がる地域間格差

不動産の価値は、場所により大きな差があります。大都市部では、今後も上昇すると考えられますが、地方部では上昇は見込むことが出来ないと予測されます。その為、購入時よりも高く売却することが出来るとはいかないのが現状です。また、高齢化社会の訪れにより、住む人がいない、空き家が多くなると考えられており、地方部ではその空き家対策が急がれています。 所有者のいない空き家は、放火や空き巣など何らかの犯罪に利用される可能性もありますし、場合によっては倒壊する危険性もあります。空き家を解体し、その跡地を有効活用する動きが広がっています。この傾向は、今後、地方部だけではなく都市部にも広がっていくのではないかと考えられています。