省エネ住宅エコポイントを知ろう|不動産でサービスを活かしちゃおう

契約者の増加

サブリースの危険性について

マンションを購入するときに、サブリースの契約をするオーナーが増えています。サブリースとは、不動産会社がマンションを一括して借り上げて、そのマンションの家賃は不動産会社がオーナーに支払うというものです。この場合、住人の家賃はその不動産会社が得ることになります。この仕組みは、一見とても優れている仕組みに見えます。なぜなら、オーナーにとっては、不動産会社が家賃の保証してくれるからです。つまり、空室が出たとしても、その分を不動産会社が払ってくれる家賃保証の制度があるからです。 しかも、マンションの管理も不動産会社の方でしてくれると言うありがたい仕組みです。 ですが、家賃保証に関しては、2年に1度見直しをしなくてはいけません。

オーナーにとって負担の大きいサブリース

この家賃の改定で家賃の補償額は少しずつ減少していきます。ある一定のレベルまで達するとオーナーは赤字になる可能性があります。 このような仕組みを考えると、赤字になる前に売却をした方が良いと言うことです。 ただ、だからといって簡単に売却をできるわけではありません。一度サブリースの契約を解除しなくてはなりません。契約を解除した後、売却の手続きに入りますが、マンションは思ったように高く売却することができません。なぜなら、次から次えと新しいマンションが建築されているからです。ただ、東京の湾岸部などの一部の土地が上昇しているところであれば、売却をしてもそれなりの収益を得ることができるかもしれませんが、そうでなければマンションを購入したときのローンを返し終わることすら難しいかもしれません。